窒化処理 ガス窒化 金属表面処理 表面硬化処理 量産部品から大型部品の窒化処理も対応いたします。

窒化処理・ガス窒化・金属表面処理
窒化処理・ガス窒化・金属表面処理
窒化処理とは
窒化処理Q&A
窒化製品紹介
SP処理
PASSNITE処理
窒化処理・ガス窒化・金属表面処理
会社概要・沿革・案内図
社長の「今、思うこと」
社長の「今、思うこと」一覧
経営理念
ISOについて
採用情報
窒化処理・ガス窒化・金属表面処理
窒化処理炉
主な設備、機器類
窒化処理・ガス窒化・金属表面処理
納品フロー
お問い合わせ
窒化処理・ガス窒化・金属表面処理
環境・社会貢献活動
各種資料のご案内
リンク
プライバシーポリシー

社長挨拶


2018年4月

平昌オリンピックでは日本選手の活躍で盛り上がりました。フィギュアスケートの羽生選手、スケート女子500mの小平選手、 スケート女子マススタートの木選手、女子団体パシュ―トの4個の金メダルを獲得しました。特に羽生選手はオリンピック 直前のケガから立ち直り、ぶっつけ本番の演技で見事金メダルを勝ち取りました。オリンピック独特の雰囲気の中で二大会 連続金メダルを絶対取る!という強い意志・精神力はたいしたものです。
スポーツにおけるメンタル面でのサポートは非常に重要な要素で特に一対一の競技、あるいは一人で行う競技はメンタルの 比重は非常に大きくメンタルコーチが必要な所以です。

私はマンションに住んでいますが、気になることがあります。集合住宅は同じ屋根の下に住む住民の集まりですので、 マンション内で顔を合わせれば挨拶を交わすのが自然のルールだと思うのですが、視線を合わそうともしないで通り過ぎる人 がいます。こちらから挨拶をしてもほとんど無視する人もいます。私は年配の部類に入る方なのですれ違う人も年下が多い のですが、年上の人に敬意を表して向こうから挨拶をするということは稀です。日本人は礼儀正しい、挨拶がきちんとできる という外国人の評価ですが、シャイで挨拶をするということが苦手なのか、欧米と異なり知らない者同士が気軽に挨拶を 交わすという習慣がないからなのか、違和感を覚えます。挨拶一つで周りの雰囲気が明るくなりますし、少なくも挨拶の言葉 をかけられたら気持ちよく大きな声で返すのが最低限のマナーだと思います。挨拶の大切さは会社においても同じです。 挨拶のきちっとできる元気のある会社は、成長している会社と言っても良いのではないでしょうか。

日本の国力の低下が最近目立って来ています。外交面においては韓国、北朝鮮の南北会談、中朝会談、米朝会談が 相次いで設定される中で日朝会談は日本からの申し出によって決まりましたが、付け足しのような形で日程さえ決まって いません。拉致問題を米朝会談で取り上げるようにお願いしていますが、トランプ政権は他国のことまで取り上げるつもりは ないでしょう。各国が米国と一定の距離を取るようになっても、依然として日本の米国頼みの外交は他国からは自主性が ないと冷めた目で見られているに違いありません。
国会においても議論されるのは森友・加計問題で本来の政策論議が 為されません。とはいっても安倍内閣の資質が問われている問題は徹底的に真実が明らかにされるべきです。これだけ国民 の不満が溜まれば、大規模な抗議行動に繋がり内閣を辞任に追い込むほどのパワーになり得るのですが、日本の場合は 小規模な抗議行動に終わり、多くの国民が行動を起こすところまでは行きません。自分たちの普段の生活に直接関わりが なければあまり関心がないという何故か他人事のような国民の当事者意識の希薄さを表しています。
国民の政治への参加意識の欠如も国力低下の一因になっているような気がします。

2年後の東京オリンピック・パラリンピックのインバウンド需要は大いに期待できます。
日本の良さ、おもてなしの心を大いにアピールして対外的な評価アップが国力のリカバリーに繋がることを期待します。

name
2018年4月
代表取締役社長

2018年1月

2018年新年を迎えました。 毎年定める経営指針の今年は「有意味感に気づく」です。 「有意味感」とは、何かつらいこと、逆境に遭遇した時に、それに対し何らかの意味を見いだせる感覚のことです。これは ナチスの強制収容所生還者の健康追跡調査の結果、彼らは3つの特性(資質)を持っていたとされ、その内の一つが 「有意味感」であると言われています。あとの2つは「把握可能感」と「処理可能感」です。「把握可能感」とは大変な 状況になった時にその状況を分析し先を見通す力のこと、また「処理可能感」とは難しい状況だが、何とかなるのでは ないかという楽観的な気持ちを持つことができる感覚のことです。

「有意味感」とは起きたことに対し、これは必然であると感じいつか何かの役に立つと信ずる気持のことを言います。 多摩大学大学院教授で心理学者の田坂広志氏の言葉に「人生で起きたことすべてに深い意味がある」というものが あります。「不運な出来事」が何年か後に振り返った時に「深い意味がある出来事」であり、「有難い出来事」であった ということに気付くことが大切ではないでしょうか。「何が起きたか」それが人生を分けるのではなく「起きたことをどう解釈 するか、どう捉えるか」が人生を分けるのだと思います。

毎年の経営指針とは別に2011年に定めた当社経営方針に「会社として良いことよりも、人として正しいことを優先する」 があります。これは京セラ創業者稲盛和夫氏の「人間として正しいことを正しいままに貫く」この考えに共鳴して定めたもの です。昨年相次いだ大企業の不祥事も社員が会社のためを想い、コスト削減、納期優先を考え、顧客の顔が十分 見えていなかったのが原因と言えます。ものごとを判断する際の規準として「会社の儲けだけを考えていないか」、「人として 正しいことをやっているのか」という原点に立ち帰なければならないのではないでしょうか。しっかりとした倫理観を持つという ことは多くの企業人に求められていることです。

今上天皇の退位が平成31年4月30日に決まりました。日本の天皇制度は時の権力者が武力で勝ち取ったものでもなく、 また誰かの任命でもなく血統で受け継がれている世界で最も歴史のある皇室であり、世界で唯一「エンペラー」と呼ばれ ています。 初代の神武天皇から数えて今上天皇は延々と続く第125代目の天皇です。因みにエリザベス女王は38代目です。 「エンペラー」は世界的にも格式が高く、ローマ法王と同格かそれ以上、エリザベス女王より上とも言われています。 初代神武天皇の即位が紀元前660年ですから2680年近い歴史を誇る日本の象徴として、天皇家は大切にしなければ ならない存在と思います。

name
2018年1月
代表取締役社長



2017年10月

テニスの錦織圭選手がケガにより全米オープンを欠場し、今年の残りの全試合を欠場すると発表しました。ファンとしては 非常に残念です。ジョコビッチ、バブリンカ、マレー選手などの一流選手も今年度の休養を発表しました。年間20近い トーナメントと60-70試合をこなす日程は欧米を転戦しながらですので、非常に過酷で肉体の管理、精神面での気持ち の維持は選手にとって大変重要な要素になっています。試合ごとの肉体的疲労、精神的プレッシャーは相当なもので ほとんどの選手にはメンタルトレーナーがつきます。ポイントごとに試合の流れが変わり、最後のポイントまで決してあきらめず にいかに流れを引き寄せるかの精神的な強さが求められます。これをシーズン中、維持し続けるのは大変なことでふと気持ち が緩むこともあると思います。錦織選手もケガの程度にしては欠場期間が長期にわたるので、リラクゼーションを兼ねた休養 をとりたいということかもしれせん。

北朝鮮の核・ミサイル問題についてキム総書記と米国トランプ大統領のやり取りを見ていると子供のケンカとしか思えません。 トランプ大統領のツィッターにいちいち反応し、最大級の脅しの言葉で相手を非難・挑発する、こういうことの繰り返しです。 北朝鮮も本気でグアム、ハワイ、米国本土にミサイルを撃ち込もうとは思っていません。とにかく北朝鮮は米国との対話を 望んでいるのではないかと思います。米国との話し合いの中で、北朝鮮を核保有国として認めてほしいこと、韓国から軍隊 を撤退させ、南北統一を実現したいと考えているとも言われています。安倍首相はトランプ大統領に追随姿勢を見せ、 自らの外交努力によって話し合いの仲介の労を取ろうとしません。北朝鮮が経済的締め付けによって内政面が不安定に なり、不満分子による政治的クーデターで内部崩壊するといったことはあり得ないことではありませんが、経済制裁によって 北朝鮮が国力をどう立て直すか注目されるところです。

10月22日に総選挙が行われます。最近の新聞の論調は希望の党の失速によりだいぶ自民党に追い風が吹いているよう です。安倍1強時代がまた来そうな予感で株価も与党の安定多数で政局が安定するのではということで強気の展開です。 希望の党の小池党首は選挙戦が終わるまでは都知事としての職務は当分の間は休止です。オリンピック・パラリンピック 問題、豊洲移転問題など多くの問題を抱えていながら国政に重点を置いている現状は小池さんを都知事に選んだ都民 への裏切りにも近い行為です。そして冷徹無比ともいうべき民進党員の希望の党への入党の選別、いかにも自信ありげな マスコミへの受け答えは冷たい鉄の女というイメージを与えて人気は落ち目です。希望の党は自公の対抗勢力とはなりえず、 リカバリは難しい状況のようです。今回の選挙戦の自民党スローガンは「この国を守り抜く」です。北朝鮮の脅威から国民 を守り抜く、また少子高齢化の問題から日本を守り抜くといったことでしょうか。耳障りは非常によく、国民の共感は得やすい と思いますが、問われるのは実行力です。政策上の3本の矢の統括・反省もなく、新三本の矢が発表されました。「一億 総活躍社会」も掛け声は立派ですが、国民一人ひとりが輝ける社会などそんなに簡単に実現するとも思えません。次から 次への繰り出されるスローガンに国民は冷めた目で見ているのかもしれません。

name
2017年10月
代表取締役社長



 
Copyright (c) 極東窒化研究所 All right reserved.
Catch: Sat Apr 21 01:08:24 2018
[jcode.pl:684:warn] defined(%hash) is deprecated at ./pl/jcode.pl line 684.
[jcode.pl:684:warn] (Maybe you should just omit the defined()?)
[jcode.pl:693:warn] defined(%hash) is deprecated at ./pl/jcode.pl line 693.
[jcode.pl:693:warn] (Maybe you should just omit the defined()?)

siteup.cgi with Perl 5.016003 for linux